忍者ブログ

もり鍼灸治療院ブログ

千葉県市川市、JR本八幡駅南口から徒歩5分の所にある治療院です。時々健康や医学的な話、大体は院長の趣味・興味の話をお届けしています。

舞台「歓喜の歌」
先日友人が出演した舞台を観覧してきました。

かつまゆうさん>は声優やナレーターとして活躍されていて、院長とは以前の仕事&合気道つながりがあります。
院長のお世話になっている道場の先生と、かつまさんの所属する道場の先生同士が兄弟弟子で、院長とかつまさんは「いとこ弟子」という関係なのです(そんな言い回しがあるかどうかは別ですが)。
以前の仕事のつながりというのも実は運命じみてて面白い話なのですが、機会があれば後日。

で、その舞台は5本のオムニバスになっていてそれが最後に1つにまとまっていくのですが、かつまさんはその5本目に登場。
アメリカから妻のひろみを連れて帰ってきた杜雄(かつまさん)。杜雄の母とひろみさんはそりが合わない・・・。
院長は映画はよく見るのですが、実は舞台を見るのは人生でこれがまだ3回目ぐらい。今回はかつまさんが出演されるということもあるのですが、実は他の出演者にも興味がありました。

こう見えて院長はかつて割とヲタクだったので声優さんに関して(特に芸歴の長い方)はちょっと詳しかったりします。だから新スタートレックのDr.クラッシャーとからんでいるかつまさんを見ていて内心超感動しつつ全身さぶいぼ出していました。他にもアトムだ~とか獅子丸だ~とかニナウォンでナージャだ~とか折笠さん着物似合う~とか峰さんも衣装似合う~とか羽佐間さん声渋い~とか一人で興奮していました。
帰ってきて調べたら三瓶さんも最近ヘビロテで見てたアニメで出てて「そう言えば声同じじゃ~ん!」とまた興奮してしまいました。
※読者置いてきぼり感があるのはお赦しください。

まぁそんなこんなで舞台はクライマックスへ。最後の合唱は大盛り上がりで、盛大な拍手で幕を下ろしたのでした。

5つの家族の物語はそれぞれ独立しているのですが、最後にはひとつのテーマで収束していきます。派手ではないけれどしみじみ、ほのぼの、ちょっと困ってしまったり大笑いしたり。生の演技の迫力もあったりと本当に楽しんで見ることが出来ました。DVDとかならないかな~。無理だろうな~。なったら絶対買うんだけどな~。残念。

ともあれ、かつまさんの今後益々のご活躍に期待します。
katsuma.jpg
ひろみさんの顔がギャルゲーの主人公になってしまった。
にしてもゲイ役とはね~。変だと思ったんだ衣装がピンクのパンツで(下着じゃない方ね)。
彼氏役の椎橋さんなんてパッと見楽しんごかと思ったし。そりゃ役作りに悩むでしょうね。
でもゲイってそれこそマツコデラックスとかミッツマングローブとか楽しんごとかのイロモノ的イメージがあるけど、芝居の上ではほんとに普通の好青年(かつま氏談)だったのが逆にリアルというか、きっとこういう風に普通を装っているゲイの人がいるんだろうって思うと自然だったと思います。
これからも応援してます!
PR

コメント

コメントを書く